コニカミノルタの複合機の特徴や見た目重視のグッドデザイン

オフィスの中に欠かせないOA機器にはコピー機やファックス、パソコンで作った文書や写真を印刷するためのプリンター、紙書類を電子データに変換するためのスキャナーなどがあります。 コニカミノルタはグッドデザインと呼ぶ見た目が良いなどの賞を獲得した光学機器メーカーの一つですが、このメーカーにはオフィスに欠かせないOA機器を1台に集約した複合機があります。1台で4つの機能を備えているので、コピー機やプリンターなどのOA機器を個別に導入する必要がありません。 また、個別に導入した場合は、それぞれのOA機器の置き場所を考えなければなりませんが、1台で4つの機能が備わっているため、オフィスの中をすっきりとさせるメリットもあります。カラー対応機やモノクロ対応機などの種類が用意してあるのでニーズに合う製品を選びましょう。

見た目が良いグッドデザインとは何か

コニカミノルタの製品はグッドデザインの賞を受賞しています。この賞は、公益財団法人の日本デザイン振興会が主催を行っているもので、毎年デザインが優れたものに贈られるのが特徴です。 日本には色々な賞がありますが、グッドデザイン賞は国内で唯一、総合的デザイン評価や推奨の仕組みになっています。 簡単に言えば、見た目が良いなどになるわけですが、当メーカーの複合機はデザイン性に優れているだけでなく、長年の経験などからのノウハウがOA機器に詰め込まれており、高速コピーや印刷、高画質のスキャナーなどオフィスの中での業務をスムーズなものにしてくれる技術もあります。 元々、カメラメーカーやフィルムメーカーとしての実績を持つメーカーなどからも、光学機器メーカーの中でも高品質な製品をオフィスに届けています。

用紙サイズやカラー対応機について

複合機を選ぶ時には、最初にカラー対応機にするのか、それとモノクロ対応機で良いのかを考えなければなりません。 価格が同じであればどちらを選んでも良いわけですが、カラー対応機は経費が多く掛かる事になるので、モノクロ印刷やモノクロコピーを中心としているオフィスなどではモノクロ対応機がお勧めです。 また、コニカミノルタの製品の中には、用紙の最大サイズがA4までなどのような小型タイプもあります。 コピー用紙にはA3サイズなどの種類もありますが、業務の中でA3サイズを使用する頻度が殆どない時などは、最大用紙サイズがA4までのタイプを選んでおけば無駄な経費を削減する事が可能です。 ちなみに、製品を導入する時の選択肢には新製品をリース契約で導入する方法や過去にグッドデザイン賞を受賞した中古の製品を導入する方法もあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加