コニカミノルタ製複合機の特徴と選び方のポイントについて

コニカミノルタはかつてのフィルムメーカーとカメラやレンズメーカーが合併して誕生した会社、写真技術や印刷技術を用いて新たなOA機器分野でも活躍しています。
OA機器の中でも注目を集めているのが複合機です。1台で、コピーやファックス、プリンターやスキャナーの4つを網羅する、省スペース化を図れる事やトータルコストを抑えられるなどのメリットを持つなどから注目が集まっています。
製品にはフルカラー対応機とモノクロ対応機の2つがありますが、中にはA0サイズに対応した広幅対応機やセルフサービス専用カラー対応機などの機種を用意しています。
尚、選び方の中には新品と中古、カラー対応機とモノクロ対応機、サイズの上限、購入とリース、契約方法などを検討する事が大切です。

新品は購入とリースの選択肢があります

複合機の中でも比較的リーズナブルな価格で導入が出来るなどの魅力を持つのがコニカミノルタです。但し、導入においては利用のニーズに合うもの、契約方法などに応じて経費の節約が可能になります。メーカーのモデルによっては連続複写速度が速いタイプと標準的なタイプがあり、大量コピーやスキャナー機能を必要とする場合は、速度重視で選ぶのがお勧めです。
また、製品を導入する中での選択肢として新品と中古の2つの選択肢があります。中古と言うと、故障のリスクが多いなどのイメージを持つ人もいるかと思われますが、メンテナンスがしっかりと行われている事や保守契約の方法を選ぶ事で、安心して利用し続ける事が出来ます。
新品の場合には、購入するだけでなく月額費用を支払い利用する、リース契約も便利です。

モノクロ対応機とカラー対応機について

コニカミノルタの複合機にはカラー対応機とモノクロ対応機の2種類が用意してあります。
カラー印刷が必要なオフィスは多いかと思われますが、ランニングコストを考えた場合、モノクロ対応機の方が安くなります。カラー対応機の場合は、4色などのトナーが必要になるなどからも、モノクロ対応機よりもコストが高くなってしまうからです。
カラー対応機にすべきか、それともモノクロ対応機にすべきかの選び方は、カラーの利用頻度が多いか否かで決まります。仮に、レーザーカラープリンターやインクジェットプリンターでカラー印字を行い、モノクロ対応機を導入すれば経費削減に繋がるなど、カラーコピーの頻度が少ない時にはこうした選び方もあるわけです。
ちなみに、用紙サイズはA3までのモデルとA4サイズまでのモデルが用意してあるので、用紙サイズについても検討する事がお勧めです。

「サイズを確認したい」など実物を実際に見たい場合にもお気軽にどうぞ! コピー機のリース料金をお見積りします! お客様の会社に最適な複合機をご提案をいたします! 最安でコピー機の導入をしたいなら複合機NAVIにご相談ください。 起業したばかりで、初期費用を抑えたいならリース契約がお薦めです。 ネットならお見積りは1分で完了です。 今、使っている複合機を見直したいなど、お気軽にご相談ください。 コニカミノルタのスタイリッシュな複合機は「複合機NAVI」で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加